“こずゑ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コズヱ
語句割合
85.0%
木末8.0%
1.8%
木梢0.9%
0.9%
0.9%
樹杪0.9%
樹梢0.9%
樹端0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
滿開の櫻のに、芝居の書割のやうな月が白々と掛つて、遠い花見の賑ひが、淺ましく淋しく、そしてましく響いて來るのでした。
銭形平次捕物控:167 毒酒 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
汝は三冬にも其色を変へねば我も一条に此心を移さず。なむぢ嵐に揺いでは翠光を机上の黄巻に飛ばせば、我また風に托して香烟を木末の幽花にたなびかす。
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
これより他木さらになく、俗に唐松といふもの風にたけをのばさゞるがは雪霜にやされけん、き森をなしてこゝかしこにあり。
われは却歩して、高き圓柱の上に、木梢蔦蘿とのおほひをなしたるところに出でぬ。石がきの面をばあやしき影往來す。
銀の綿帽子をけた
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
成程障子を開けると、に冠さるやうに繁つた竹を十本ばかり、の方二三間打つてしまつて、下枝は青々と殘したまゝ、その上から小石川の高臺も富士も見えるやうにしてあります。
紅蓮白蓮のゆかしく衣袂に裾に薫り来て、浮葉に露の玉ぎ立葉に風のける面白の夏の眺望は、赤蜻蛉菱藻り初霜向ふが岡の樹梢を染めてより全然と無くなつたれど
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
日は全くりしほどに山深き夜のさま常ならず、天かくすまで茂れる森の間に微なる風の渡ればや、樹端小枝音もせず動きて
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)