“けげん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
怪訝94.3%
化現1.9%
仮現1.1%
可訝0.8%
怪幻0.8%
奇怪0.4%
戯言0.4%
稀見0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……そんな私の心のなかの動揺には気づこうがなく、彼女は急に早足になった私のあとから、何んだか怪訝そうについて来ながら
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「いやいや、いかに人間界化現している身とはいえ、勢至菩薩つきなどになされては、あとの仏罰がおそろしかろう。あの婦人はわれわれ五人へ渡したまえ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜の自然は一切を平等にして、山とか海とかに仮現する異性を失わせる。
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
おしおは可訝そうに相手の顔を見返したが
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
で、義雄が直接にその相談を持ちかけた時、昇は怪幻な顏をすると同時に、後ろにもたれて一方の膝に乘せた一方の足を、スリッパを穿いたまま横手に突き出し、持ち前らしい横柄な口調で
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
自分が嬉しさの余り、疲れた足をりながら、いそいそ近づいてくると、初さんは奇怪な顔をして
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
成斎が鉄砲さんを揶揄えば、鉄砲さんも必ずしも師を敬ってばかりはいない。往々戯言を吐いて尊厳を冒すことがある。成斎は「おのれ鉄砲」と叫びつつ、鞭をって打とうとする。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
父は稀見な顔をして、私を見ていました。母は、それでも、何かと私に優しいことをいってくれていました。