“おとり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
94.9%
媒鳥2.0%
1.0%
囮鴨1.0%
御取1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二俣尾でおりて駅長さんに釣り場の様子を聞きながら、アユを売っているところなどを尋ねると、囮なら私の家にありますという。
江戸前の釣り (新字新仮名) / 三遊亭金馬(著)
僕は技巧という二字を細かに割って考えた。高木を媒鳥に僕を釣るつもりか。釣るのは、最後の目的もない癖に、ただ僕の彼女に対する愛情を一時的に刺戟して楽しむつもりか。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
らに無心な顔を作り、思慮の無いを云い、互に瞞着しようとめあうものの、しかし、双方共力は牛角のしたたかものゆえ、もせず、もせず、み疲れて今はすこし睨合の姿となった。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
特志の警官隊が女装して囮鴨として深夜の町に散らばった。ホワイトチャペル街の夜の通行人は一人残らず不審訊問を受けた。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
にてさまと御祝言御家督つぎはやきおにはあるまじくと大賛成に候、さだめしさだめし其地にはしかけの御用事御座候はんるべく御取まとめ
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)