“降籠”の読み方と例文
読み方割合
ふりこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小県凡杯は、はじめて旅をした松島で、着いた晩と、あくる日を降籠められた。景色は雨にもれて、にくべた生薪のいぶったような心地がする。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
駈込んで、一呼吸いた頃から、降籠められた出前の雨の心細さに、親類か、友達か、浅草辺に番傘一本、と思うと共に、ついそこに、目の前に、路地の出窓から、果敢ない顔を出して格子にって
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
老人をあいてひ、いやしくもない、まゝあること、降籠められると、れ、ひ、行方ひ、ゑて、つてる、これは獵師んで、生命らず、
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)