“筋力”の読み方と例文
読み方割合
きんりよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちた垣根筋力破壤するに造作もないであるが、先端れしめることさへ出來ないでるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
與吉れておつぎは開墾地つてた。勘次鍛錬した筋力つてにおつぎはそこらのから雀枝つてさな麁朶つてる。さな土地では雀枝といはれてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)