“無味乾燥”の読み方と例文
読み方割合
むみかんそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしは話が不得手なほうですから、無味乾燥なあっけない話になるか、それともだらしない調子はずれな話になるか、そのどっちかです。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
無味乾燥」「不愉快な響き」といった無責任な批評で片づけられ、それから三十年の後、ダルベアによって演奏され、最初の熱烈な喝采を浴びるまで
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
この演奏は至難中の至難とされているが、無味乾燥なるべき対位法の教科書であるにかかわらず、名手による演奏効果はまことに抜群の芸術境で、その端厳優麗なる趣は言葉に尽せない。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)