“楷梯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はしご66.7%
かいてい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“楷梯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
で子供が眼を覺ました時のやうに、眼をひツこすツてゐると、誰かギシ/\音をさせて、せま楷梯はしごのぼつて來る。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
余は上ろうか上るまいかと踟蹰ちちゅうしたが、つい女児じょじと犬を下に残して片手てすりを握りつゝ酒樽のこもを敷いた楷梯はしごを上った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
顔の醜いのを自認するのは心のいやしきを会得えとくする楷梯かいていにもなろう。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)