“暖地”の読み方と例文
読み方割合
だんち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これ余寒の暁に雨のみじかくやみたる気運機工てかゝる奇景を見たるなりとて、しがりてかたられしが、暖地にてはめづらしくもあるべけれど
雪吹の人をす事大方右にす。暖地の人花の美賞する雪吹と其こと、潮干びて洪濤とのし。雪国の難義暖地の人おもひはかるべし。
左伝に(隠公八年)平地を大雪とえたるは其国暖地なれば也。韓愈が雪を豊年嘉瑞といひしも暖国也。されど唐土にも寒国は八月雪五雑組に見えたり。