“御鉢”の読み方と例文
読み方割合
おはち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
霧島火山はこのつの活火口交互活動するのが習慣のようにえるが、最近までは御鉢活動してゐた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
先年其古跡をんとて越後にあそびし時、新道村の飯塚知義に、一年夏の頃に村の者どもを米山へのぼりしに、薬師へ参詣の人山こもりするために御鉢といふ所に小屋二ツあり
霧島火山群東西五里つの活火口くの死火山とをしてゐる。そのつの活火口とは千七百米)の西腹にある御鉢と、その一里ほど西にある新燃鉢とである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)