“小膽”の読み方と例文
新字:小胆
読み方割合
せうたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父親和尚何處までもさばけたるにて、しは欲深にたてども風説をかたぶけるやうな小膽にてはく、あらば熊手内職もしてやうといふ氣風なれば
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
昨日小膽つたも、さへも氣味も、以前にはひもしなかつた感情や、思想吐露したこと、哲學をしてゐる丁斑魚不滿足ふたなども
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
これほどの小膽ともはざりしを。
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)