“丸心”の読み方と例文
読み方割合
まるじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なるほど火屋が薄黒くぶっていた。丸心切方に行かないところを、むやみにを高くすると、こんな変調を来すのがこの洋燈の特徴であった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御米這入つてから、二十宗助鐵瓶きながら、丸心洋燈らしてゐた。來年度一般官吏増俸沙汰があるといふ評判べた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
御米が這入ってから、約二十分ばかりの間、宗助は耳の鉄瓶の音を聞きながら、静な夜を丸心洋灯に照らしていた。彼は来年度に一般官吏に増俸の沙汰があるという評判を思い浮べた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)