“一足飛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いっそくとび44.4%
いっそくと22.2%
いつそくと11.1%
いつそくとび11.1%
いツそくとび11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一足飛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
とにかく森本とこの竹の棒の間にはある距離へだたりがあって、そう一足飛いっそくとびに片方から片方へ移る訳に行かなかったのに、今ではそれが一つになって、森本と云えば洋杖
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「あなたは何でも一足飛いっそくとびね」
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それを見た白の嬉しさは何と云えばいのでしょう? 白は尻尾しっぽを振りながら、一足飛いっそくとびにそこへ飛んで行きました。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ここまで進んでおらぬ世を買いかぶって、一足飛いっそくとびに田舎へ行ったのは、地ならしをせぬ地面の上へ丈夫な家を建てようとあせるようなものだ。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それから學者がくしや文學者ぶんがくしやあひだに、一足飛いつそくとびに、よいうた激戟しげきせられて、あたらしいうたつく人々ひと/″\えてました。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
時々、自分は何か一足飛いつそくとびな事を仕出かさねばならぬやうに焦々いらいらするが、何をして可いか目的めあてがない。
葉書 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ちやうど先頭の第一人が、三段を一足飛いツそくとびに躍上ツて、入口のドアーに手を掛けた時であツた。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)