“シヤンハイ”の漢字の書き方と例文
ひらがな:しやんはい
語句割合
上海100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とまれ、十年前の一乳色夜靄めた上海のあの茶館窓際いた麻雀牌ましい胸底しい支那風させずにはおかない。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
継母はおくみを今のへくれといて、後の夫と台湾へ行つてつたのだつたが、このときには上海にゐるとかいふ事を、養母が赤十字病院の人に聞いたくらゐのことで
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
上海がへえつちやぐつとつちやつてな、あつちぢやどれいもんだかよ、ねえくなるつちうんだから商人からねえ」天秤いで
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)