“なまこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナマコ
語句割合
海鼠87.2%
海参3.8%
半円鋳1.3%
1.3%
生粉1.3%
生麪1.3%
生鼠1.3%
生鼠壁1.3%
鉛鋳1.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白壁づくりではあったが、その裾廻りだけが、海鼠なまこ形になっていて、離れて望めば、蔵が裾模様でも着ているように見えた。
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
最前から彼等のすべては、海鼠なまこのやうに心もとない被告の陳述と骨のやうに乾からびた裁判長の訊問とを聴くらべて居た。
公判 (新字旧仮名) / 平出修(著)
燕の巣、さめひれした卵、いぶした鯉、豚の丸煮、海参なまこあつもの、——料理はいくら数へても、到底数へ尽されなかつた。
南京の基督 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ホヤは仙台等の海に多く、科学上魚類に近い物ながら、外見海参なまこに酷似す。
それから今度は金物屋に行って鉛の半円鋳なまこを六百斤ほど買集め、そっくりそのまま町外れのシロカネ屋(金属細工屋)に持って行って、これは蓬莢島ホルモサから来た船の註文ゆえ、特別念入りの大急ぎで遣ってもらいたい。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
曾はなまこのようにぐにゃぐにゃに酔っぱらって、そこに寝込んでしまった。
黄英 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
いずれにしても生粉なまこ臼挽うすひきが普及し、したがって粉の貯蔵が可能になるまでは、是は相応に面倒な調理法であった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
生粉なまこの水練りならば水を使うから、取扱いがずっと便利なのであった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
図490は、人々が生麪なまこ様のものを、かきまぜている所である。
台所に入り込んで、しょうがパンかお菓子をつくった後の容器から、ナイフで生麪なまこの幾滴かをすくい出し、それを熱いストーヴの上に押しつけて、小さなお菓子をつくることの愉快さを思い出す人は、これ等の日本人の子供達のよろこびようを心から理解することが出来るであろう。
今は銀行となつたが、もとはやはり姻戚の阿波の藍玉屋の生鼠なまこ壁の隣に越太夫といふ義太夫の師匠が何時も気軽な肩肌ぬぎの婆さんと差向ひで、大きな大きな提燈を張り代へながら、極彩色で牡丹に唐獅子や、桜のちらしなどをよく描いてゐた藁葺きの小店と、それと相対して同じ様な生鼠壁の旧家が二つ並んでゐる。
水郷柳河 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
竝倉のしづけき生鼠壁なまこ月夜にて鳰は寄りゆくその向うの葦に
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
面倒ではあろうが、この鉛鋳なまこの全部を大急ぎで小判の形に打抜いて金箔をタタキ付けてもらいたい。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)