“額髮”の読み方と例文
新字:額髪
読み方割合
ひたひがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に、若旦那て、したるき、ぱつちりとしたして、額髮はら/\とめつゝ、流眄莞爾した。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さへみゆる額髮
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
た。きは日本海であらう。鞍掛山太白山は、左右いて、來日ヶ峰なす額髮近々と、ほてりのするまで、じり/\と情熱呼吸はす。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)