“面疱”の読み方と例文
読み方割合
にきび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面疱だらけの女中さんが燐寸つてけて、ぼやをさすと、フツとしたばかり、まだのついたまゝのさしを、ポンとつかひにげた——
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
串戯じゃない、片田舎の面疱だらけの心得違の教員なぞじゃあるまいし、女の弟子を。失礼だ。」
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
本文つてく、蓬髮歴齒睇鼻深目、お熟字でだけお知己の、沈魚落雁閉月羞花つて、これぢや縮毛亂杭齒ひしやげの、どんぐりで、面疱一面、いや、
鑑定 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)