“雲足”の読み方と例文
読み方割合
くもあし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
烈風吹き、波の音高し。荒れ狂う海の上に利鎌のごとき月かかる。雲足はやく月前をかすめ飛び舞台うす暗くなり、またほのあかるくなる。俊寛よろめきながら登場。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
〽聞く辻占にいそいそと雲足早き雨空も、思ひがけなく吹き晴れて見かはす月の顔と顔………
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
とせんとてゝ、垣根よりさしのぞけば、しも雲足きれてたにらしりに、見合してたる何時此所へはて、までれてゞもしものか
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)