“雨空:あまぞら” の例文
“雨空:あまぞら”を含む作品の著者(上位)作品数
永井荷風2
泉鏡太郎2
泉鏡花2
海野十三1
“雨空:あまぞら”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
〽聞く辻占つじうらにいそいそと雲足くもあし早き雨空あまぞらも、思ひがけなく吹き晴れて見かはす月の顔と顔………
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ぢつとると、雨空あまぞらひくれつゝ、くも黒髪くろかみごとさばけて
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
暗い雨空あまぞらを見あげると、天国の塔のように高いサンタマリア病院の白堊はくあビルがクッキリと暗闇にそびえたっているのが見えた。
人造人間事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
〽聞く辻占つじうらにいそいそと雲足早き雨空あまぞらも、思ひがけなく吹き晴れて見かはす月の顔と顔……
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
ときに、こよひのつきは、雨空あまぞら道行みちゆきをするやうなのではない。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)