“白虎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
びゃっこ72.7%
びやくこ18.2%
びゃくこ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兵法に申す、小河にあるを田沢といい、流水にあるを青龍とよび、西に道あるを朱雀づけ、北に山あるを玄武、林あるを白虎
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
中江川平太夫は白虎の平太と異名を取つた大盜賊で、三十臺に傷寒つて頭の毛は眞つ白になりましたが、年はまだ四十そこ/\、ヨボヨボどころか恐ろしい體術の達人で、猿のやうにを渡り