“此文”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
これ66.7%
しぶん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“此文”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 教育 > 大学・高等・専門教育・学術行政7.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
覺悟かくご次第しだい斷念あきらめもつくべし、いま此文これげて、あきらかのおこたいてたまはれ
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
のこしげに出行いでゆきたるあとにて、たまかひな此文これいだ
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そもそも天の此文しぶんほろぼさざるの深意なるべし。
中元祝酒の記 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)