“打當”のいろいろな読み方と例文
新字:打当
読み方(ふりがな)割合
ぶちあて66.7%
ぶツつか33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“打當”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
合同資本と謂ツても、其のじつ田舍から出たての叔父と綾さんの父とが幾らか金を持ツてゐたゞけて、あとひと懐中ふところあての、ヤマを打當ぶちあてやうといふ連中の仕事だ。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
疑も無く我々と同じ種族で、甚だ小しやまくれた、恐ろしく理屈ツぽい、やたらとえらがツてゐる人間で、巧く打當ぶちあてたら、何れも金モールの大禮服を着けて、馬を虐待して乘〓すだけの資格があツたのだ。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
そのいそいでとほくへひゞるのを周圍しうゐからさへぎめようとして錯雜さくざつしてしげつてみき小枝こえだ打當ぶツつかつて紛糾こぐらかつてるやうに
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)