“實力”の読み方と例文
読み方割合
じつりよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いかに不公平教員生徒でも、今度こそ自分實力壓倒さるゝだらうと、大勝利豫期して出品した。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
他方くとも我國威信せんがめには非常决心實力とをするのである。
餘震恐怖せるため、消防十分實力發揮することが出來なかつたとは、專門消防手から述懷であるが、著者此種人士餘震誤解してゐるのを、遺憾ふものである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)