“倐”の読み方と例文
読み方割合
たちま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舟はち暗黒の裡に衝いて奔り、人は急転の勢を制する暇なく、以上ただ運命の司配に任すありしのみ。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
わたくしは抽斎の事を叙するにおいて、天保十二年の暮の作と認むべき抽斎の述志の詩を挙げて、当時の渋江氏の家族を数えたが、ち来り倐ち去った好の名はわすことが出来なかった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
三つをねて、ひた/\とつて、べ、め、かして、や、に、紅紫き、藍碧万顆いて、るゝ七湖心
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)