“七竈”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ななかまど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
傾斜が次第に緩くなって、雪が絶えると深山榛みやまはんのき七竈ななかまど、白樺などの生えた草地に、紅花イチゴ、日光黄菅にっこうきすげなどが咲いていた。
黒部川を遡る (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
雪が尽きると谷はにわかに蹙まり、竪樋のように急峻となったので、左側の尾根に移り、丈の高い偃松に交って岳樺だけかんば七竈ななかまど深山榛みやまはんのきなどが灌木状に密生している中を押し分け掻き分け攀じ上った。
北岳と朝日岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
しかるにそこは既に風雪の激しい山頂若しくは夫に近い所であるから、ぶななら七竈ななかまどまでが令法りょうぶや万作などと同じように灌木状をなして曲りくねっている中へ、米躑躅こめつつじ石楠しゃくなげなどが割り込み、甚しい場所では更に黒檜や米栂こめつが偃松はえまつをさえ交えている。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)