“コロ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ころ
語句割合
28.6%
児等14.3%
哥路14.3%
14.3%
14.3%
14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其他にも幾多の芸能文学が出没したが、すべて皆奴隷宗教家の口舌の上にコロがされることによつて維持せられて来た事も、一つの忘るべからざる事実である。
——四方ノ坂ヨリコロビ落チ、落チ重ナツテ死スル者、一日ガウチ五、六千人ニモ及ベリ
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
筑波嶺に雪かも降らる。否諾イナヲかも。カナしき児等コロニヌさるかも(巻十四)
花の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
それを寒い雀が廂から逆さ頭をして覗いたり、小犬の哥路コロが泥足のままで掻きちらしたりした。
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
哥路コロといふ小犬と、黒い子鴉と村の子供たちが私の朝夕の遊び相手であつた。
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
宮殿、一祖廟ソビョウヲ建テ、号シテ家鬼トウヤマイ、四時牛馬ヲコロシテ、之ヲ祭ルヲ卜鬼ボッキト名ヅケ、年々外国人ヲ捕エテイケニエニソナウ。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「我レ東ヲチシヨリ、茲ニ六年ニナリヌ、又天皇ノリテ、兇徒キョウトコロサレヌ。」と、後世つくられた、いわゆる「建国の詔」に、その事が明らかにされてある。
二人フタリコロシタオヤモアル。」トカ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)