“まゆ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マユ
語句割合
88.2%
9.3%
1.7%
柳眉0.2%
眉毛0.2%
真油0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と船長がれた声でプッスリと云った。同時にの間とペタの頸筋近くに、新しい皴が二三本ギューと寄った。冷笑しているのだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
天井の真中には、麻布の袋でおおったシャンデリアがさがっているが、ひどい埃のために、まるでの入っているそっくりだ。
そのあかるいが、ふと義貞に、ゆうべのある一ときにめた黛を思い出させた。たましいは人形にうちこまれ、彼女は人間に返っている。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
折々にさゞ波うつ柳眉の如何なる愁ひやふくむらん、金をとかす此頃の暑さに、こちたき髮のうるさやとしけるは今朝、おのづからの緑したゝらん計なるが肩にかゝりて
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
を首飾りの中につき込み、目には緑色の琥珀絹で縁いした緑色の眼鏡をかけ、髪は額の上に平らになでつけられて眉毛の所まで下がり、イギリスの上流社会の御者がつけてるのようだった。
「よし、我はに勝とう。」と一人がいった。それは反絵に倒された兵士の真油であった。彼は立ち上ると、血のついた角髪で反絵の腹をめがけて突進した。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
最始の博物学者は蛅蟖の変じてと成りしときは生虫の死せしと思いしならん、他日美翼を翻えし日光に逍遙するはかつて地上に匍匐せし見悪くかりしものなりとは信ずることの難かりしならん。
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)