“蛅蟖”の読み方と例文
読み方割合
けむし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最始の博物学者は蛅蟖の変じてと成りしときは生虫の死せしと思いしならん、他日美翼を翻えし日光に逍遙するはかつて地上に匍匐せし見悪くかりしものなりとは信ずることの難かりしならん。
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)