“ぶしつけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
不躾53.8%
無躾44.4%
率爾0.9%
失禮0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鐘を見ようと思いますが、ふとを交わしたを御縁に、余り不躾がましい事じゃが、茶なりと湯なりと、一杯お振舞い下さらんか。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いや、無躾だが心からお礼をいわせて下さい。かまわんでしょうな。だが、あなたはどうしても役者か音楽家にならんけりゃいかん。
道化者 (新字新仮名) / パウル・トーマス・マン(著)
仕舞居るに雲助共それなら夜道は物騷ゆゑ駕籠に乘て御呉なせへ夫に今見れば率爾ながら胴卷には大分御金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
商賣の事ゆゑひませんが内儀さん承まはるも餘り率爾ながらに金子が出來ました尤も外より御融通なされたとか仰せなれども金子と云ふものは勿々容易には調ひ難きもの最早し事ながらに流れ買に賣拂はんとする處なりしが彼金何處から御融通なされしにや申しき事なるが御立腹なさるな内儀樣一文袖乞
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
夫婦の者すれば今より江戸まではれまじとやら迄も行れべきやと云に亭主は兩人の樣子を見て失禮ながら足弱の御女中を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)