“そぶり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
素振82.4%
挙動9.8%
態度4.9%
風態2.0%
想振1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただから縄を出してくような素振をしたり、またそこらにあったものを引き寄せるような仕事をしているうちに、寝ていた幸内が
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
挙動言語が変って来まする。これをシコタマ掴んだお医者に。せてしまえばこっちのものだよ。静養させるは表面の口実。花のが開かぬまんまに。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
しかし彼時親類共の態度余程妙だった。「何だ、馬鹿! お先真暗で夢中に騒ぐ!」と、こうだ。
びっくりしてしばらく眼を見張り、ようやく腰をめて馬鹿丁寧に、大工の十兵衛と申しまする、御普請につきましてお願いに出ました、とおずおず云う風態の何となくには落ちねど
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
深く思ひ初主人の妹とは知ながら折々可笑想振などして袖けれども此吾助元來き男にて勿々お花が相手になるべき器量ならず殊に若黨なれば尚更請引樣もなければ只一人
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)