“しよゑん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
所縁50.0%
諸縁50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隱元豆などをのあらませたるがお所縁七がなり、女房はおといひて二十八か九にもなるべし、にやつれたれば七つもえて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
なく高砂をうたひむれば、らしき一夫婦出來あがりて、やがてはともはるべきなり、諸縁これよりかれてちがたき次第にふゆれば、一野澤桂次ならず
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)