“しゃん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シャン
語句割合
端然40.0%
正整20.0%
毅然20.0%
端正20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……袖の下には、お位牌いはいを抱いて葬礼ともらい施主せしゅに立ったようで、こう正しく端然しゃんとした処は、る目に、神々しゅうございます。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すっきり端然しゃんと構えたる風姿ようだいといい面貌きりょうといい水際立ったる男振り
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
其の炉辺ろべりには、先刻さっき按摩あんま大入道おおにゅうどうが、やがて自在の中途ちゅうとを頭で、神妙らしく正整しゃんと坐つて。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
駄目、駄目、もうすこし男性おとこの心情が理解されそうなものだとか、もうすこしひとの目に付かないような服装みなりが出来そうなものだとか、もうすこしどうかいう毅然しゃんとした女に成れそうなものだとか、すぐ同棲どうせいの年月の間、一日として心に彼女を責めない日は無かった——
刺繍 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
もすそってねたように云いながら、ふと、床の間の桜を見た時、酔った肩はぐたりとしながら、キリリと腰帯が、端正しゃんしまる。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一目にそれしゃとは見えながら、衣紋つき端正しゃんとして、薄い胸に品のある、二十七八の婀娜あだなのが、玉のようなうなじを伸して、瞳を優しく横顔で、じっと飴屋の方を凝視みつめたのがある。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)