“ささなみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小波42.9%
21.4%
楽浪14.3%
沙沙那美7.1%
笹波7.1%
篠波7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
背後うしろ突抜つきぬけの岸で、ここにもつちと一面な水があおく澄んで、ひたひたと小波ささなみうねりが絶えず間近まぢこう来る。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小波ささなみ軽くそで浅妻船あさづまぶね調しらべの雛。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
——旅僧はその時、南無仏なむぶつと唱えながら、ささなみのごとき杉の木目の式台に立向い、かく誓って合掌して、やがて笠を脱いで一揖いちゆうしたのであった。——
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ただし刀身は脈々と、ささなみのように顫えている。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いにしへのひとにわれあれや楽浪ささなみふるみやこればかなしき 〔巻一・三二〕 高市古人
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
楽浪ささなみ志我津しがつらが罷道まかりぢ川瀬かはせみちを見ればさぶしも 〔巻二・二一八〕 柿本人麿
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ここに追ひめ敗りて、沙沙那美ささなみに出でて、悉にその軍を斬りつ。
幾多いくたの罪人を呑み、幾多の護送船を吐き出した逆賊門はむかしの名残なごりにそのすそを洗う笹波ささなみの音を聞く便たよりを失った。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
建振熊命たけふるくまのみことは、とうとうそれを同じ近江おうみ篠波ささなみというところで追いつめて、敵の兵たいという兵たいを一人ものこさずり殺してしまいました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)