“さぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
68.0%
詐欺20.9%
詐偽7.8%
些技0.7%
欺僞0.7%
瑣戯0.7%
詐僞0.7%
詐譌0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
片足は、落口めて、のそよぐがく、片足つたやうにえる。……一際んでである。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さうかと思ふと、平生は泥棒でも詐欺でもしさうな奴が、碁将棋盤に向くとまるで人が変つてしまふて、君子かと思ふやうな事をやる。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
よしや幻想に欺かるゝ事ありとも、二人が間には一点の詐偽なく、一粒の疑念なし、二にして一、一にして二、斯の如く相抱て水に投ず。
我は荒漠たる原野に名も知れぬ花をづるの心あれども、園芸の些技にて造詣したる矮少なる自然の美を、左程にうれしと思ふ情なし。
秋窓雑記 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
覺えず自分等をして、「明治は誠に無邪氣な滑稽な欺僞時代だ。」と一笑せしめた。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
しかし、要するに、あの千古の神秘は、一場の理化学的瑣戯にすぎないのだよ。ところで支倉君、君は砒食人という言葉の意味を知っているだろうね。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
一ヶ所や二ヶ所なら兎も角、五ヶ所十ヶ所と天下の通用金が、大地の底から出て來るやうでは、これを簡單にペテンや詐僞で片付けられなかつたのです。
私しがいつ人を詐譌するようなことをいたしました。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)