“けんせいか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
權勢家66.7%
権勢家33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども靈妙れいめうなる石はつひかげをも見せないので流石さすが權勢家けんせいか一先ひとまづ搜索さうさくを中止し、懸賞けんしやうといふことにしていへかへつた。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
届け先は、頼母が久米一に話した言葉と違って、千代田の城へは入らずに、時の権勢家けんせいか田沼山城守意知たぬまやましろのかみおきともの屋敷へ贈物とされることになった。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)