“きうくつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キウクツ
語句割合
窮屈90.0%
究屈5.0%
窮窟5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば奧方町子おのづから寵愛つて、良人るとなけれども、おはしまして窮屈くるしき御寮なり
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
取揃自身に持來たれば清兵衞は長兵衞に向ひ嘸々草臥しならん然樣何時までもまり居ては究屈なりモシ/\御連御遠慮なさるなコレサに/\と是より皆々ぎ兄弟久しにての酒宴となり女房もにて
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何方にしても、俺の體は縛られてゐるんだ………縛られてゐるばかりじやない。窮窟押籠められてゐるんだ。何うしたら此のが解けるんだ、誰か、俺を
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)