“齒磨”の読み方と例文
新字:歯磨
読み方割合
はみがき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうしてで、自分下宿にゐた法科大學生が、一寸散歩に、資生堂つて、りの石鹸齒磨ふのにさへ、五くの華奢べた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
何時の間にか新しいタオルと石鹸齒磨楊子とを取へて突き出しながら
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
楊枝齒磨……半紙。」
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)