“飛來”のいろいろな読み方と例文
新字:飛来
読み方(ふりがな)割合
ひらい66.7%
とびく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“飛來”を含む作品のジャンル比率
産業 > 林業 > 林業(児童)100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
海岸かいがんのくろまつのはやしは、さういふすな飛來ひらいふせぎとめる役目やくめをもするのです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
中から出て來たのは、少し古くなつた桐柾きりまさの箱で、そのふたを取ると、中に納めてあるのは、その頃明人みんじん飛來ひらいかんといふ者が作り始めて、大變な流行になつて來た一閑張かんばり手筐てばこ
それとて一同いちどうばら/\と勝手かつてより太吉たきちおくらなど飛來とびくるほどにさのみもかず縁先えんさきはしらのもとにぴたりとして
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)