“文字通”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もじどお66.7%
もじどほ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“文字通”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おもいだす度毎たびごとにおきしなみだたねではあったが、まれたくさにも花咲はなさくたとえの文字通もじどお
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
残念ざんねんながら、その空洞くうどうは、文字通もじどおりの空洞くうどうなにもない。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
このために阿蘇郡あそぐん南半なんぱんたる南郷谷なんごうだにみづあつめてながれる白川しろかは文字通もじどほ乳白色にゆうはくしよくとなり、魚介ぎよかい死滅しめつせしめることがある。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)