“四五尺”の読み方と例文
読み方割合
しごしやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これはたいのようなをしたもので、さいものは四五寸きいものになると四五尺もあり、すてきにきなものであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
大正十二年關東大地震熱海港兩翼衞戍病院分室のある魚見崎ては四五尺しかなかつたが、船着場では十五尺
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
一昨年出雲路には、仔細あつて大阪朝日新聞學藝部春山氏大屋臺後見についてた。此方つて、特等、とあるのをポンとのさきですと、番頭四五尺する/\とつた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)