“四五年”の読み方と例文
読み方割合
しごねん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
徳川家が瓦解になって、明治四五年の頃大分宿屋が出来ましたが、外神田松永町佐久間町あの辺には其の頃大きな宿屋の出来ましたことでございますが
新婚當時四五年故郷みなかつた時分穗科閣下は、あゝ糠鰊ひたいな、と暫々つて繰返した。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
あゝ、り。——あの高橋汽船大變混雜ですとさ。——この四五年浦安がさかつて、沙魚がわいた、つたと、乘出すのが、押合、へし
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)