“南谿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なんけい75.0%
みなみだに25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“南谿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
らず、かたあるひ画像ぐわざうなどにて、南谿なんけいのあたりうつける木像もくざうとはたがへるならむか。
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
たちばな南谿なんけい東遊記とうゆうきに、
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夕まぐれ南谿みなみだによりにごりくる谿たにがはのをなつかしみつも
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)