“何本”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なんぼん80.0%
なにほん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのらになると、何本んでゐる、——わたしは其處るがいか、いきなり相手せました。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
をちのといふのも、はっきりと、何本あるとも、どの距離にあるともいはれないで、まづほのかなあひで、幾本んでゐるといふじをさせるためなのです。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
家集にては『芭蕉句集』(何本にても善けれど玉石混淆しをる故注意すべし)、『去来発句集』『丈草発句集』『蕪村句集』などを読むべし。但しいづれも多少は悪句あるを免れず。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)