“何本”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なんぼん80.0%
なにほん20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“何本”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのうちたけまばらになると、何本なんぼんすぎならんでゐる、——わたしは其處そこるがはやいか、いきなり相手あひてせました。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
GONSHAN. GONSHAN. 何本なんぼんか、
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
家集にては『芭蕉ばしょう句集』(何本なにほんにても善けれど玉石混淆ぎょくせきこんこうしをる故注意すべし)、『去来発句集きょらいほっくしゅう』『丈草じょうそう発句集』『蕪村句集』などを読むべし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)