“人間計”の読み方と例文
読み方割合
にんげんばか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いや、非文明的な、奈何云ふものかは、るのもいやうな人間計り、不幸です。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
車室はさのみ不潔人間計りではなかつたが、ミハイル、アウエリヤヌヰチは人々懇意になつてにでも仕掛け、腰掛から腰掛いて、大聲で、這麼不都合汽車いとか
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)