“丸打”の読み方と例文
読み方割合
まるうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この金具のみにても、貴重なるものは百金を要す、平打なるあり、丸打なるあり、ゴム入あり、菖蒲織あり、くはしくは流行の部に就いて見るべし。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
瀬戸物いた白木綿襯衣て、手織布子から財布たやうな丸打けた樣子は、滅多東京機會のないのものとしかれなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
瀬戸物のの着いた白木綿襯衣を着て、手織の布子から財布のみたような長い丸打をかけた様子は、滅多に東京などへ出る機会のない遠い山の国のものとしか受け取れなかった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)