“一圓”のいろいろな読み方と例文
新字:一円
読み方(ふりがな)割合
いちゑん66.7%
アデインゑん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一圓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もつと小石川こいしかは白山はくさんうへ追分おひわけのあたりより、一圓いちゑん高臺たかだいなれども、ひかりうすければ小雨こさめのあともみちかわかず。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
日露戰爭にちろせんさうのすぐ以前いぜんとはひながら、一圓いちゑんづゝにかぞへても、紙幣さつ人數にんず五十枚ごじふまいで、きんしやちほこ拮抗きつかうする、勇氣ゆうきのほどはすさまじい。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
私は水島君から「一圓アデインゑん……」を繰り返しながら日本人を呼び止めると云ふ零落したロシヤ人の素人賣笑婦の話を、色色聞かされてゐた。
ハルピンの一夜 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
一圓アデインゑん、宜しいです。」
ハルピンの一夜 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)