“ゆび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
92.5%
5.9%
掌指1.1%
指趾0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には與吉惡戯をしたり、おつぎがいといつてへてせれば與吉自分るのがえるやうである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
このうち双趾類というは、足のが双足の中線の両方に相対してびあるので、豹駝、鹿、牛、羊、駱駝、豚、河馬等これに属す。
膝におきたる骨太の掌指は枯れたる松が枝ごとき岩畳作りにありながら、一本ごとにそれさえもわなわなえて一心にただ上人の一言を一期の大事と待つ笑止さ。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
お前は守宮だといったが、これはこのへんの堀にいる赤腹だ。守宮なら無花果の葉のような手肢をしているが、これにはちゃんと指趾がある。ここに釘づけになっているのは守宮でなくて蠑螈だ。
顎十郎捕物帳:24 蠑螈 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)