“やぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤギ
語句割合
山羊85.1%
野羊6.9%
八木3.4%
八鬼1.1%
夜具1.1%
夜着1.1%
養宜1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女は普通の日本の女性のように絹の手袋を穿めていなかった。きちりと合う山羊の革製ので、華奢な指をつつましやかに包んでいた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この映画と同時にロシアのニュース映画を見た中に、たぶんカリニンであったか、野羊ひげのにがい老人が展覧会を見てあるくところがあった。
映画雑感(Ⅰ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それからさきに帰ったもうひとりは、八木さんという貿易会社の社長さんで、やっぱり惣右衛門の子孫なのだ。つまり、わしたちは、先祖の宝物をさがしだそうとしているのさ。
怪奇四十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
この地方には八鬼山だの九鬼だのと、鬼という字のつく地名が多い。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ほんの仔豚の肉だけという極く軽い夕食をためると、さっそく彼は着物をぬぎすてて、夜具の中へもぐりこむなり、ぐっすりと深い眠りにおちた。
菖蒲ていたそうでその花を一朝奇麗にもぎって、戸棚の夜着の中に入れてあった。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
歸途は四國街道の養宜の松原を眞直ぐに取つて、途中廣田村中條の蛭子神社に立寄り、夕刻洲本の宿へ歸り着いた。