“よるのもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
夜具66.7%
寝具33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼が家の夜具よるのものは、宇都宮うつのみや釣天井つりてんじょう程に重く大きなものだ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「それは好都合」と云ったかと思うと老人は金屏風をスーとあけたが渦高うずたか夜具よるのものが敷いてある。そうして誰か寝ているらしい。しかし白布で蔽われているので姿を見ることは出来なかった。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
下婢おんなの敷いて行った寝具よるのものは、彼の手で畳まれ、部屋の片隅に置かれてあった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)