“中條”のいろいろな読み方と例文
新字:中条
読み方(ふりがな)割合
なかすぢ33.3%
チョンテアン33.3%
ナカジョウ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“中條”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 人形劇50.0%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
歸途は四國街道の養宜やぎの松原を眞直ぐに取つて、途中廣田村中條なかすぢの蛭子神社に立寄り、夕刻洲本の宿へ歸り着いた。
廣田村には前記の通り廣田八幡があり、廣田村字中條なかすぢには同社の御旅所と向ひ合つて蛭子社がある。
或る別の手帳をあけて見たら、何かに打ち興じた折、誰かから教わったのでしょう、支那音と註して中條チョンテアン精一郎チンエランと片仮名のルビを丁寧につけたのがありました。
父の手帳 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)