“まちこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
町子33.3%
街子33.3%
真智子33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば奧方町子おのづから寵愛つて、良人るとなけれども、おはしまして窮屈くるしき御寮なり
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
谷中知人ひて、調度萬端おさめさせ、此處へとふに町子生涯あはれなるいふはかりなく、暗涙にくれては不徳しゝるなきにあらねど
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
街子の父親は、貧しい町絵師でありました。五月幟の下絵や、稲荷様の行燈や、ビラ絵をいて、生活をしているのでありました。しかし、街子はたいそう幸福でした。
最初の悲哀 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
毎年ので、ことしも稲荷様の境内から町内の掛行燈の絵は、みんな街子の父親がいたのです。
最初の悲哀 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
真智子である。本田の筋向いの前川という素封家の娘で、学校に通い出す頃から、恭一とは大の仲よしであった。学校も同級なため、二人は友達にりながらも、よくつれ立って往復することがある。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)